【出入国管理法改正】議員会館内にて陳情活動を実施。

Share Button

残念ながら自民党法務部会は29日、出入国管理法改正案を了承してしまいましたが、私達はまだ諦めた訳ではありません。

29日の午前中より、議員会館内にて陳情活動を実施しましたのでその報告となります。

「出入国管理法改正案」についての陳情書

反グローバリズム国際保守連合 代表 遠藤修一
東京都品川区北品川5-16-19
090-2848-6916
安倍政権支持層を含め、ネット上で改正賛成の意見を見ることは殆どありません。賛成しているのは中小を含む企業の経営者が中心です。中小を含む企業によっては目先の安価な労働力の確保は死活問題なのかもしれませんが、本来、コストの増加は価格に反映されるべきなのに一社だけそうするならば自殺行為とも言えるでしょう。
「移民コスト税」を提案致します。
外国人労働者受け入れによって引き起こされる社会コストを予め受け入れ業種、業界全体に課税し負担を求めるものです。当然、中小には厳しいでしょうがそれによって強制的に業界全体の価格(物価)アップを図るものです。外国人労働者に頼らない企業に対しては税金を還元するものとします。
外国人労働者はロボットではなく「人間」なのですから、社会保障に至るまで莫大な社会コストが発生します。
〇日本語習得や社会保障問題、治安問題などの莫大な額となる社会コストをどうするのか?誰が負担するのか?
〇大量の外国人労働者受け入れ政策をマクロ視点で見ると「経済成長」もデフレ脱却も困難にしてしまう。本来「人手不足」とは経済成長のチャンスであり政治の力でそれを成し遂げなければならないのに「政治」がマクロな視点を無視するのならば政治の放棄、国民生活に対する裏切りにも等しい。
〇法改正後、デフレ脱却、経済成長をどう成し遂げるのか?
〇日本は既に世界第四位(OECD)の移民受けれ大国。必要な法整備が追い付いていない。日本は既に外国人労働者が多過ぎる。むしろ減らす必要がある。

 

小田原 潔 議員事務所
門 博文潔 議員事務所
田所 嘉徳潔 議員事務所
藤原 崇潔 議員事務所
山田 美樹潔 議員事務所
元榮 太一潔 議員事務所
杉田 水脈 議員事務所
松原仁 議員事務所

※すべて秘書対応。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です