【緊急/陳情のお願い】外国人労働者受け入れ新制度「出入国管理法改正案」

Share Button

「自民部会で入管法改正案の了承、来週持ち越し」2018.10.27 00:10
https://www.sankei.com/politics/news/181027/plt1810270004-n1.html
「出入国管理法改正案 自民法案了承は来週に」2018年10月26日 金曜 午後8:57
https://www.fnn.jp/posts/00404126CX

自民党は26日、法務部会を開き、今国会での成立を目指している、人手不足を解消するため、外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案について議論した。

この中では、新たに創設される在留資格について、条件次第では、外国人労働者が無期限で在留可能となることから、「移民政策と何が違うのか」といった反対の声が、保守系議員を中心に相次いだ。

そのため、法案の了承は、26日は見送られ、来週に持ち越しとなった。

【反グロ経済政策担当O氏より】(反グロ会員専用掲示板より)
緊急のお願いです。
ただ今、自民党の法務部会で外国人労働者の受け入れ拡大に向けて新たな在留資格を創設する出入国管理法改正案について、意見集約が行われる予定です。とりあえず26日、本日の意見集約は29日月曜日以降に先送りになりました。ここで決定すると、閣議決定→法案提出という流れになります。何としてでもここで阻止しなければなりません。
法務部会のメンバーはたった七人です。メールでも、ツイッターでも、フェイスブックでも、電話でもガンガンと大量に外国人労働者受け入れ拡大反対の意見を送って下さい。とにかく数が力です。私は既に送りまくっています。皆様のご協力が必要です。

法務部会
部会長 長谷川 岳https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/100503.html
部会長代理 小田原 潔https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/118099.html
門 博文. https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/110235.html
田所 嘉徳https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/110519.html
副部会長 藤原 崇. https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/115964.html
山田 美樹https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/114434.html
元榮 太一https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/132670.html
【ここまで】

来週の29日(月)16:30より引き続き同改正案の法案審査となります。急なお願いですが、29日の日中までが陳情活動の勝負となります。自民党法務部会は上記の7名に限られますので、1人でも多くの方々に自民党法務部会の議員(政策秘書等)に反対の声を届けてください。現在は自民党法務部会内に於ける審議段階ですが、ここで食い止めるのが最も容易かつ確実なのです。国会での法案提出後では殆ど手遅れです。

【電話番号】
〇長谷川 岳 011-223-7708(北海道事務所) 03-6550-0619(参議院議員会館619号室)
〇小田原 潔 042-548-0065(立川事務所) 03-3508-7909(衆議院第二議員会館1007号室)
〇門 博文 073-412-3060(和歌山) 03-3508-7636(衆議院第二議員会館217号室)
〇田所 嘉徳 029-353-6822(水戸事務所) 0296-25-0041(県西事務所)03-3508-7068(衆議院第一議員会館716号)
〇藤原 崇 0197-72-6056(岩手県事務所) 03-3508-7207(衆議院第二議員会館1015号室)
〇山田 美樹 03-3508-7037(衆議院第二議員会館917号室)
〇元榮 太一 043-202-3331(千葉事務所)03-6550-0909(参議院議員会館909号室)

手当たり次第でも構いませんので電話陳情をお願いします。

【参考/陳情のポイント】
〇日本語習得や社会保障問題、治安問題などの莫大な額となる社会コストをどうするのか?誰が負担するのか?
〇大量の外国人労働者受け入れ政策をマクロ視点で見ると「経済成長」もデフレ脱却も困難にしてしまう。本来「人手不足」とは経済成長のチャンスであり政治の力でそれを成し遂げなければならないのに「政治」がマクロな視点を無視するのならば政治の放棄、国民生活に対する裏切りにも等しい。
〇法改正後、デフレ脱却、経済成長をどう成し遂げるのか?
〇日本は既に世界第四位(OECD)の移民受けれ大国ですが必要な法整備が追い付いていない。日本は既に外国人労働者が多過ぎます。むしろ減らす必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です