H.30/9/27 反グロ月例新宿街宣報告

Share Button

「朝鮮総連解体!」

今後、東京五輪に向けて北朝鮮参加問題もあり、朝鮮総連を解体に追い込むまたとないチャンスとなる筈です。安倍首相の続投もこの問題に対し追い風です。

この北朝鮮の諜報機関、工作機関である朝鮮総連は全国に約250箇所もの支部を持ち、組織構成員は7万人以上、現在進行形の犯罪である日本人拉致問題に限らず、まさに暴虐の限りを尽くす犯罪組織そのものです。

現在の私達、反グロの街宣は「朝鮮総連解体」に特化したものとなっていますが、これは私達の正当な街宣を妨害する勢力が総連活動家や総連シンパを主体とするものだからであって、この現代日本に於いて尚、朝鮮総連問題とは国防上、安全保障上の脅威にほかならず、極左勢力や日本共産党とも結託し、ヘイトスピーチ解消法や条例など、「反差別」を錦の御旗に掲げて日本人の正当な権利、国民の権利を脅かそうとする、あらゆる「反日」活動に於いて最大の前線部隊となっています。これは決して放置できない問題です。

また、朝鮮総連とは名ばかりで実際には多くの在日朝鮮人から支持を得ていないことも明らかです。在日朝鮮人を誰よりも苦しめているのは朝鮮総連なのです。

9/27の街宣ダイジェストです。
朝鮮総連を擁護する「反差別」メディアののりこえねっと事務局長の顔も見えます。私達の活動がよほど効いているのでしょう。

海外にも発信可能な英語字幕つきの動画も作成しています。
【安田美絵】反グロ街宣H.30/9/27「朝鮮総連問題とヘイトスピーチ条例」(字幕/英語)

字幕付きで観れますが、朝鮮総連についての部分を載せておきます。

まず最初にわたしが申し上げたいのは、わたしたちが朝鮮総連解体を叫ぶのは、在日朝鮮人の方々に対する人種的差別を助長したいというような意図はまったくないということです。

朝鮮総連というのは、そもそも当初から、在日朝鮮人の権利を擁護する団体であったと同時に、日本を赤化する、共産主義化するための革命基地である、というふうに位置付けられていました。つまり政治工作機関、発足当初から政治工作のための機関であったわけなんです。このことは長い間朝鮮総連の…在日朝鮮人の人々の間でも秘密にされてきたそうです。

学習組という組織が朝鮮総連の中にあって、この学習組が朝鮮労働党の日本支部の役割を果たしていました。学習組に所属する人々は、自分の家族にすら、自分が学習組の組員であるということを話さなかったそうです。そういう秘密の組織が朝鮮総連発足当初からありました。そして日本を赤化する、つまり日本を共産主義国家にするための政治工作をずっと行ってきたのです。

しかし、そのことが知られると、朝鮮総連に対する風当たりが強くなるだろう、ということで、これはずっと秘密にされてきたそうです。そもそもそういう政治工作機関であるからこそ、日本人拉致も行うし、さまざまな政治家に賄賂を渡すなどいろいろな工作をするわけです。

わたしたちはそういうことに対して反対をしているんです。そういう政治工作をしかけているということに対して批判しているんです。

朝鮮総連は、北朝鮮本国に送金をするために、ありとあらゆる手段を使っています。有名なのはパチンコで儲けたお金を送るということです。朝鮮総連幹部の人は、個人的な出世を狙って、あるいは北朝鮮本国に対する忠誠心から、競って、自分がより多くのお金を送れば自分がより多く祖国に貢献できる、といった名誉心、あるいは利己的な出世したいという欲から、少しでも多く送金しようとする、そしてその送金するためのお金がうまく集まらないと、なんと在日同胞、つまり同じ在日朝鮮人の同胞をだますことまでして、在日朝鮮人実業家のビルや建物や土地をだまし取ったり、あるいは預金をだまし取ったり、そういった犯罪まで行って本国に送金をしているんです。

ですから、在日朝鮮人の人々も、朝鮮総連も祖国も自分たちを守ってくれる組織だと思っていたのに裏切られた、と非常なショックを受けて、それを裁判に訴えている人もいます。

戦後すぐの頃は、在日朝鮮人の人々は朝鮮半島を社会主義のもとに統一して祖国に帰りたいという夢をみなさん持っていたようですが、敗戦後ずいぶん時間が経って、今はもう帰って暮らすということは夢見ていない。

本当は日本にもっと溶け込んで暮らしたいのに、朝鮮総連という組織があることで、自分たちまでもが嫌われてしまう、というふうに思って、朝鮮総連を解体してほしい、というふうに思っている在日朝鮮人の方々もいらっしゃるんです。

ここに来ているみなさんは、朝鮮総連から派遣されてきた人もいるでしょうけれども、本当に純粋な気持ちで日本人も朝鮮人もいろんな外国人ももっと仲良く暮らせればいい、とふうに思って純粋な気持ちでいらっしゃってる方もいると思うんですけれども、そういった方々にわたしがぜひ知っていただきたいのは、朝鮮総連はなくなったほうがいい、朝鮮総連がなくなったほうが、日本人と朝鮮人はずっともっと仲良くできるということなんです。

まずそのことを申し上げたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です